自賠責保険料って同じなんです

バイクに乗るなら保険に入らなくちゃダメだ。

もしも事故したときに自分だけでなく、相手にも迷惑をかけることになる。

なかには無保険でバイクを運転してる人もいるようだけど
そんなことは絶対にやめなくちゃならない。

というのも、バイクにかける保険には2種類あって、
自賠責保険といういのがあるんだけど、この保険は強制的に入らなくてはダメな保険だ。

バイクに乗る人は全員漏れなく入らなくてはダメということです。

この自賠責保険に入らずに運転すると、罰則が設けられてる。

それだけ絶対に入るという種類の保険です。

一方、任意保険というのは名前のとおりで加入は自由です。

ただ、一般的には任意保険だって入っておくべき保険です。

強制保険である自賠責保険というのは相手の人へのみ補償します。

しかも、補償額的に決して十分とは言えないレベルの保険です。

補償される限度額

死亡3,000万円、傷害120万円、後遺障害75~4,000万円

自賠責保険の補償ってたったのこれだけです。

この補償内容を見て、「アレ!?モノへの補償は!?」と思うかもしれません。

事故というのは対人だけでなく、車やモノを壊すことだってあります。

しかし、自賠責保険というのは相手の人へのみ補償される保険のため、
モノへの補償は無しなんです。

もし事故してしまうと、自賠責保険だけでは到底カバーできないケースが多々あります。

バイクの自賠責保険料って保険会社違っても金額は同じだ!

実は自賠責保険というのは強制保険ということもあって
どこの保険会社で入っても全く同じ保険料になっています。

自賠責保険料はバイクの排気量と加入する年数によって保険料が決まります。

 原付~125CC以下・・・1年7,500円
125CC超~250CC以下・・・1年8,650円

最長5年まで入ることできます。

長く入ったほうが1年あたりの自賠責保険料は安くなります!

ちなみに、原付で5年入ると16,990円となっており、
1年あたりの自賠責保険料は3,400円となります。

1年だけ入った場合が7,500円なので、5年で入るとかなり安くなるということです。
もっと詳しく知なら原付の自賠責保険ガイドがオススメです。
250CC以下のバイクに関する自賠責保険が一目でわかるサイトです。

この保険料は2018年4月現在の金額です。

任意保険は通販型が安い傾向にある

バイクの自賠責保険料はどこで入っても補償も保険料も同じということは上述したとおりです。これは否応なく絶対に入るべき保険なので、バイク乗るなら今すぐ入っておきましょう。

任意保険については補償もある程度選べますし、保険会社による違いもでてきます。
なるべく安く準備したいということなら、通販型がおすすめです。

比較的安く入れるケースが多くなっているため、見積もりだけしてみるのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする